レンタルスペース契約時の注意点

レンタルスペースで起きうる契約トラブル

レンタルスペースを借りる際の注意点とは

レンタルスペースを借りるには様々な理由が生じることでしょう。例えば個人事業主がご自身の事業立ち上げの際に事務スペースを確保するためにレンタルするという場合。また、イベントを開催する場所としてレンタルスペースを活用する場合。さらには企業がセミナーなどを開催し、自らのプランや商品をプレゼンするという場合等、様々な場合にレンタルスペースを利用することが出来ます。
またレンタルスペースはその種類も多彩になっているため、ご紹介したような事業に関するものだけでなく、個人でパーティを開催する場合やリモートワークの場所としても利用されるようになってきました。
このように利用頻度が増えている分、レンタルスペースには問題点も増えています。レンタルスペースを借りる際に生じる問題として多いのが、場所的な問題です。例えばファッション展示会やヨガ教室などを開催する際には、参加者の着替えのために別のスペースが必要になります。また飲食が許されているのか等、レンタルスペースそのものに関する場所的な問題は多々生じるポイントです。
そしてその他にも欠かせない注意点があります。それが契約時のポイントです。レンタルスペースを借りる際にどんな契約を取り交わしたのかによって、使い方も配慮が必要となるのです。この注意点をおろそかにすると、のちに契約内容に違反したとして損害賠償請求まで発展することも。
そんなレンタルスペースで生じるトラブルを回避するために、押さえておくべき注意点をピックアップしました。

借りる際にチェックしておくと安心なレンタルスペース

レンタルスペースを借りる際には、これから借りるレンタルスペースの内容にばかり優先順位がいきがちです。ただし、この契約時にチェック漏れしていたことが後で大きな問題になるというケースは多いもの。契約の際には確実にチェックしておくべきことがあるのです。

使い方にも注意が必要になる

レンタルスペースの契約には、契約内容に使用方法が明記されていることが多くあります。運営者側は毎度のことなので、誰もが知っていると勝手に認識して説明が漏れることも多々あるもの。契約書に明記されていれば、借りる側がそれを聞いていなかったとは言えません。

契約終了後にも気を抜かずに

レンタルスペースを借りる際だけでなく、終了後にも注意点はあるもの。とくに立つ鳥跡を濁さないためには終了後の対応も大切になってきます。そこでレンタル終了後に起こりうるトラブルをご紹介します。トラブル回避を学ぶことはキレイな契約終了に大切なポイントです。